『食育コーディネーター』とは?

『食育コーディネーター』とは?

W_No_01.gif
・『一般社団法人日本フードカルチャー協会』が認定する資格です
・食育の基本的な知識を学び、食育活動を行う上で総合的な企画を作り実践していくことのできる、食育の実践的な活動を行う上でも 基本となる知識と実践力を身につけることのできる資格です。

食育コーディネーターのコンセプト

食育コーディネーターのコンセプト

W_No_02.gif
・食育の体験プログラムを企画して食への興味を持つきっかけ作りや、家族で食卓を囲む重要性を伝え、心身ともにバランスの良い食 生活をおくる為の食育活動を行う
・食のイベントを通じてたくさんの人に笑顔を届ける
・地産地消を大切に世界に誇れる日本の食文化を食育を通じて学び発信していく

活動内容

活動内容

W_No_03.gif
1.各市町村、保育所及び学校等からの依頼に応じて、講師や指導者などとして依頼先に赴き、食育の活動について協力・支援します
2.地域の食育活動を推進します。
3.市町村、保育所及び学校等が実施する食育実践活動等に協力します。
4.食育の具体的な手法等について指導、助言などを行います。
5.食育に関する課題解決に必要な情報を提供します。
6.食育の普及啓発や食育に関係するイベントなどを企画運営します。
7.その他食育に関する事項について指導及び助言を行います。
〈活動例:食育に関する講演・講話、料理教室での調理・栄養指導、農作物栽培等を通した体験活動・食育のイベント 等〉

資格の概要

資格の名称・級「食育コーディネーター」

食育に関する全般的な知識と企画、実践力を有した資格で、食育について基礎レベルの知識が身に付いていることが認定されます。

対象とする人

食育に興味がある人ならだれでも挑戦することができます。

メリット

・協会員は、地元で食育のイベント活動をする際に協会がサポートして地域の行政や企業、
 学校などとの話合いをサポートして、事業が円滑に展開できる交渉のサポートを行います
・「食育コーディネーター」の資格を名乗って、食育指導や情報発信、イベントなどをすることができます。

また年間で数回協会主催のイベント企画講習や講演に参加することで、
協会支部のメンバーとして講師としての斡旋やサポートスタッフとして仕事の斡旋、派遣等も行います。

資格認定団体:一般財団法人日本フードカルチャー協会  
       通称「JFCA」

受験資格

・受験資格は特にありません。
・指定の講座のカリキュラムを修了した後に、認定試験を受けます。

学習範囲

1章
・食育とはなにか
・食育の基本と3つの柱
2章
・6つの『こ食』
・食文化と食習慣
3章
・栄養と衛生管理の基本
4章
・日本と世界の食料問題
5章
・食育活動の展開方法
6章
・食育イベントの作り方

特別講習会(別途 希望者のみ 25,000円)(資格テスト免除)
・食育活動の実践講演演習
・食育活動の実践調理講習演習

資格取得の流れ

表.jpg

▼講座費用         講座:70,000円

▼特別講習会        費用:25,000円

▼テスト          受験料:10,000円

▼資格認定 費用      資格発行:10,000円

▼資格取得後
更新及Web講座費用    年:13,000円